体験談

アド部のイベントに参加したり、あるいは自らイベントを主催した方々の体験談です。

私はこの旅行を経て何を得たか。今、率直に「気を遣わない」「遠慮しない」人になっている~裏修学旅行2017夏

2019/03/27 8:15 に onishi hayao が投稿   [ 2019/03/27 8:18 に更新しました ]


30歳男性、都立高校教師の彼は、息が詰まるような職場と生徒たちの雰囲気を開放したくて合同裏修学旅行2017夏をやろうと言い出し、実際に参加してくれました。

そんな彼の洗練された語り口の、まさにアド部体験の「独白」を、少し長いですが是非読んでください。ここでいう主催者とは、たかしくんのことです。

---

何事も客観的に見てしまう癖があるので、まずはその癖のままに今回の裏修学旅行をまとめて見ようと思う。
この旅行は日本人の大好きな、あらゆることをコーディネートしてもらうパック旅行とも、気心知れた仲間と気ままにワイワイガヤガヤぶらり旅とも違った。
自分が過ごしたいように過ごせる、「自由」がこの旅の中にはあった。しかし、あるところでは主催者こだわりの枠が設けられていた。参加者はそこで何かしらせねばならない状況に立たされる。参加者に受け身の姿勢はほとんど許されない。多くは何らかの発言を求められたり、普段やったこともないことをさせられたりする。それが「ミーティング」であり、「ワークショップ」である。これらは、ただ雑談するというものではなく、主催者のファシリテーションによって話のテーマが決められたり、ワークが進められる。そして、この時間がこの旅で最も重要な時間であると主催者は考えているようだ。旅の中ではこのミーティングやワークにどのような意図があるかは説明されない。しかも、ミーティングは突然始まったりする。海から上がって一休みしようかというときや、昼食を食べて満腹感を味わっているときのちょっとした時間に。共通していたのは「車座」。私は4日間参加したが、その間ミーティングは計7回程あった。必ず全員に発言の機会がある。このような時間を何度も重ねていく事で自分の内側をアウトプットして、どこかに置いてきてしまった「自己を表現する力」を再び取り戻すことができるのかもしれない。そして、知らないうちにその人を変えしまう効果がこの旅にはあるのかもしれない。
面白いのはこれらのミーティングが主催者の掌の上でなされている訳ではないということ。参加者一人ひとりの個性が発揮されることで、場がつくられていた。主催者以外がファシリテートすることもあれば、参加者自らミーティングを開くこともあった。むしろ、この旅の中で起こることすべてを一人ひとりが自分なりに意味付けすることでこの裏修学旅行が完成していくのだろう。
ワークショップやミーティングは世界中で行われていて、中身については物珍しいものではないかもしれない。しかし、この旅でのそれは、そこにしかない「空間」と「人」を意識させる何かがあったと思う。
同じことを無機質な箱の中でやっていたらどうだったろうか。数時間限定で二度と会わない人たちとやっていたらどうだったろうか。そんなことを考えている。
この旅の絶妙に良かったところは、ただの思い出づくりではなく、リフレッシュのためだけでもない、空間と人がコラボレーションしてこれまでになかった何かを「感じる」ことができたことだと思う。残念ながら言葉にして伝えるのは難しい。なぜなら、このような旅は多くの人がした事がないからだ。旅の目的や主旨も説明しがたい。旅の目的が無いようで、実はある。でも、言語化したら陳腐化される。主催者はそれを十分分かってコーディネートしていると思う。最後のミーティングにラストまでいられなかったのは非常に残念であるが、この旅を通して「人が成長する場」というものが私には見えた気がする。それを踏まえて、今後私がどういった実践をしていけば良いか、考えていこうと思う。

さて、感じたことをもう少し主観を入れて。まず、今回、キャンピングカーという非常に特殊な環境の中でしかも7人という定員ギリギリの中で(自分が主催者であれば間違いなくやらない)移動から寝泊りまであらゆる行程を共にしたこと、これは後にも先にも今回限りだろう。朝からめちゃくちゃ青くて綺麗な海で泳ぎ、珊瑚礁に生きる魚たちを見て、ハンモックで夜空を見上げながら寝、釣った魚を食べ、日陰で風にあたりながら語らい、マングローブの中を散策し、雪塩ソフトを食らい、高さ1mちょっと広さ二畳程の空間に7人で車座で語らい、同じ空間に三人で雑魚寝をし、波止場から飛び込み、現地の中学生と語らい、ビーチで花火をし、月明かりの下で語らい、汗だくになりながら爆睡し、超美味のマンゴーを貪った。

キャンピングカーに乗ったときの初めの印象は「狭っ!」である。印象ではなく、実際狭い。誰がどう見ても狭い。しかし、主催者は私が合流して早々にこの狭い空間に6人(当時)を車座に座らせて、何事も無かったようにミーティングを始めた。不安しか無かった。先に来ていたメンバーも既に慣れてかこれについては何も言及せず。自分も「そう言うものなのか」と受け入れざるを得なかった。これも主催者の意図に含まれていると考えたりもした。
この旅はとにかく自分から主張しないといけなかった。「〜に行きたい」「〜が食べたい」「寝たい」「そこ通りたい」
遠慮など無用。というか遠慮などしていたら自分が損をする。なぜなら主催者の遠慮のなさが日本の平均レベルから尋常ではないほど逸脱しているからだ。ある朝は危うく朝食を食べ損なうところだった。
考えてみれば、この旅の間、いつもの感覚で仲間に「気を遣う」ということもあまり無かったように思う。他者に気を遣うということで、自分も無意識に「気遣ってもらえる」と思っているのかもしれない。すると、自ずと受け身な人間の姿勢が出来上がっていく。これがいわゆる平均的「日本人」なのかもしれない。
たった4日間で「遠慮しない」という感覚が鍛えられた。この無遠慮な主催者と共に過ごすだけでこれだけの効果があるわけだ。だって黙ってたら全部もってかれちゃうもの。遠慮しなくなり、気を遣わなくなると自ずと「自分の主張」が出来るようになってくるのだ。
こうして文章でまとめていくうちに分かってきた。気付いてしまったぞ。この旅のもう一つの凄いところだ。この旅でかなり自己肯定感を高めることが出来る。自己肯定感200%の主催者はかなり貴重な逸材だ。この人、ただの金にうるさい外科医ではないぞ。
そう考えると、最終日のマンゴー争奪は実はこの旅を非常によく特徴づけた、象徴的な出来事だったかもしれない。美味しく熟したマンゴーをみんな食べたいと思った。そして、遠慮など微塵もなくみんなが貪り食べた。
これを人生に置き換えてみようではないか。「最高の人生を送りたい」とみんなが思い、遠慮など微塵もなくみんなが最高の人生を貪り送る。あのマンゴーにはそんな意味があったのか。

さて、かく言う私はこの旅行を経て何を得たか。今、率直に「気を遣わない」「遠慮しない」人になっている気がする。簡単に「すいません」とか謝ったりしなくなっている。いや、まだまだ分からないが、少なくとも以前より人の目が気にならなくなっていることは確かだ。
何なんだこの旅行は。すごいぞ。

日本人の気の使い方はどこか病的なところがある。自分を犠牲にして、相手のことを考えねばならないと思い込まされている。そのような人の集まりだから、全体的に陰湿で歪んだコミュニティになるのかもしれない。正直、遠慮ばかりしているコミュニティでは、人は成長しない。なぜなら、遠慮すれば、気を使えれば生きていけると勘違いしてしまうからだ。遠慮など皆無のコミュニティでは、みんなが遠慮しないから、自分から主張しないと生きていけない。当然、そのような中で生きていけば人の成長も違ってくるだろう。
もちろん、相手を思いやることは大切なことだが、その前に自分の人生をどうしたいのか。人のことを気にしている間にも自分の生きていられる時間は消費されていく。私は何て大事なことに気付いてしまったのだろう。

----

どうでしたか、皆さん?私小説のような迫力のある表現に、読んでるこちらが元気になってきそうです。そんな体験をしてみたくなった方は、是非アド部にお問い合わせください。

離島留学宮古島最終回をおえて-たかしくん

2018/04/03 5:04 に onishi hayao が投稿   [ 2018/04/03 5:07 に更新しました ]

2018/4/1に終了した離党留学宮古島最終回、色んな事があったのでまだまだ

一人で離島留学を主催してみて

2017/04/01 21:40 に onishi hayao が投稿   [ 2017/04/01 21:41 に更新しました ]


頭の良くなるアド部宮古島離島留学withたかしくん2017春、おととい終了。

遠くでみんなで同じ場所に泊まってやる形では、
初の一人運営、初の小学生参加、初の親子参加、初の俺より年上参加、などなど初めて尽くしであった。

まあ、人が集まらなくてしんどかった時期が長かったけど、結果的に定員いっぱいの9名が参加。俺入れて10人の8歳から43歳の軍団で宮古島を暴れまわった。

行く先々で「家族?」と何度も言われたが、実際家族であったのだろう。

夏の宮古島に比べて初日は寒くて、それでも海に突撃してみんな唇紫色になったりしてたけど、二日目からは天気は快晴、4日目には夏のような抜ける青空と海が広がっていた。

まさに「春なのに夏休み」。海で泳ぎ、潜り、魚を捕まえまくり、夜の海を散策し、夜空を駐車場に寝転んで見上げ、語り合った。

留学後半は時間の大半が参加者自身が俺に手数料を払い、留学内でイベントを行って収入を得る「留学内事業」となった。好きを学ぶ講座や、本の輪読会(active book dialogue ABD)や哲学対話、「ask ふかえり!」等が行われた。

俺自身も参加料を支払うこともあれば、空港への送迎や俺の紙芝居で対価をもらって経費の足しにすることもあった。

3/3018:00終了時間が近づくにつれ、参加者たちの間で「もう終わってしまうのか」、「早すぎる」といった声が聞かれるようになった。

それくらい別れがたい、家族のような関係になっていた。実際一人二人と帰っていく参加者を空港で見送るたび、まるで家族を見送るような気持になる。

終了後の打ち上げでは残った者たちで夜通し語り合い、恋や結婚の話で盛り上がり、親戚の法事のようであった。

翌日の昼、夏の昼下がりのような日差しの中、最後に残った三人で近くの豆腐屋で買ったゆし豆腐を食べながら、「二年間住んだシェアハウスを解散するみたいだな」なんて話をして、さらに一人を見送るとき、子供が家を出た親のようなさみしさを感じた。そんな経験ないけど。


引用元のfacebookの投稿

「人はこんなにも早く親しくなれるものなんだ」

2016/11/09 6:33 に onishi hayao が投稿   [ 2016/11/09 6:54 に更新しました ]

🌴アド部ツアー in宮古島 に参加してみて🌴

宮古島アド部で離島留学2016夏
村上文香(むらかみあやか)大学3年 20才女性

わたしはこのツアーに参加して、出会いや学んだこと、はじめてのことがたくさんありました。みんなとはじめましてだったのに1日目から昔から仲のいい友達みたいな感覚で、驚きました。出会って初日で、こんなに仲良くなるとは思いませんでした。3日目のBBQは、可愛いみなみちゃんやカリフォルニアおにいさん達とも出会い、人はこんなにもはやく親しくなれるものなんだと思い、なんだかほっこりしました☺️笑
宮古島の海、演劇ワーク、シュノーケリング、ダイビング、ご当地グルメワーク、新聞ワーク、将棋、人生ワーク、はじめてのことが盛りだくさんですごく濃いツアーになりました!
こんなにも自分の意志をさらけだしたのははじめてだったのでとてもいい経験になりました!人によってひとつのことについて考え方、感じ方が違うので、みんなの意見を聞くのがおもしろかったです!
たかしくんの自己紹介やみんなの人生ワークを聞いて、わたしもどんどん挑戦したい!と刺激をうけました。
今回この離島留学に参加して、すごくいい経験になりました!いまもう宮古島に行きたくて仕方ありません!笑 みなさんともまた会いたいです。開催してくださりありがとうございました!!!😌

初めて自分の島より綺麗だな〜と思える海を見ました

2016/09/22 7:53 に onishi hayao が投稿   [ 2016/11/09 6:57 に更新しました ]

宮古島アド部で離島留学2016夏

参加者 樗木 真理(大学4年)23才女性


初めて自分の島より綺麗だな〜と思える海を見ました。

自分も島出身だしそんなに驚きや衝撃はないかなと思っていたけど、宮古島は宮古島で、種子島ではなかったです。

昨年はニュージーランドやフィリピンセブ島に滞在する機会があり、今年は東京や四国・中国地方にも滞在していたけど、もっと見れる世界があったかもしれないなと感じました。これからは「どうせ〜だから」と思わずに、もっとじっくり足をのばして見たいと思います。

このツアーに誘ってくれたお医者さんのたかしくんはじめ、大学受験という時期にツアーを企画してくれた宮古島の高校生もとか、そして北海道・関東・関西・中国蘇州から集まったみなさん、ありがとうございました。

I had never seen such a beautiful sea even if my hometown also has shining sea. I thought it was important to go many places and try to know a real world with my own eyes.

このメンバーが集まったことは奇跡だと思います

2016/09/22 4:15 に onishi hayao が投稿   [ 2016/11/09 6:28 に更新しました ]

企画体験談

宮古島アド部で離島留学2016夏

2016.08.22~25 in 宮古島

代表 尚輪華(高三)

こんばんは🌙*゚
離島留学から1ヶ月が経とうとしています。そろそろ夏から秋へ移り変わる季節ですね!宮古島も少しずつ肌寒くなってきました。今日の宮古島は台風の影響で天気が不安定です…早く晴れてほしいな~

ではでは【宮古島アド部で離島留学2016夏】の振り返りをさせてもらいます。

離島留学は沖縄県立宮古高等学校3年の尚 輪華(なお もとか)が企画。
たくさんの方々の支えのおかけで無事に3泊4日の日程を終えることができました。
沖縄県のさらに離島の宮古島に、北は北海道から南は種子島の各地から参加者が集まりました。参加者の年齢層は中学3年生から一般まで。この離島留学をきっかけに新しい出逢いがたくさんありました。

私がこの離島留学を企画することになった理由は、去った3月に行われた石垣島アド部ツアーに参加してそこで新しい出逢いや発見、私自身が大きく成長し、この感動を私から誰かに伝えたいと思ったからです。企画したい!という素直な気持ちからこの離島留学はうまれました。私自身、大学受験生ということで色々悩むこともありましたが、離島留学を成功させることができ良かったと思っています。企画するにあたり、大人の方との接し方、敬語の使い方、電話予約の仕方などとても社会勉強になりました。初めてのことだらけで、周りの方々にはとても迷惑をかけたと思っています。しかし、そんな私をずっと支えてくれたスタッフメンバーや友達、たくさん方々に感謝の気持ちでいっぱいです。周りの支えがあっての【宮古島アド部で離島留学2016夏】になったと思います。
参加者がそれぞれ何かを思い、考え、成長してくれたことだと信じています。離島留学中は、いつも楽しくて体力をフルパワー活用したことを覚えています。初めて会ったばかりの方々だったのに、昔からの知り合いだったかのような、家族のような…なんとも言えないほど素敵な時間を一緒にすごすことができました。このメンバーが集まったことは奇跡だと思います。今後もこの出逢いを大切にそしてさらに繋げていくことが大切だと感じました。

この離島留学から様々なことを学び、私自身もさらに成長できました。今までは出逢いが大切だと思ってきましたが、この離島留学のおかげで出逢いをさらに繋げていくことが大切なんだと気づきました!もっと宮古島が大好きになったし、この島で育ったことを誇りに思っています。今後は、私が大学進学で宮古島を離れる前に、宮古島についてたくさん学び、周りに伝えていくというような活動をしようと考えています。現在進行形で、学校の友達と校長先生と新しいプロジェクトを進めているところです。

新しいことを始めることは勇気がいります。責任もリスクもあります。でも、それ以上に達成感や成長を感じることができます。興味をもったらそれがあなたのスタート地点です。
「はじめの1歩があなたを動かす」

【宮古島アド部で離島留学2016夏】に携わってくれたすべての方々に感謝申し上げます。

合宿に参加して二週間、その後

2016/07/30 3:45 に onishi hayao が投稿   [ 2016/07/30 7:01 に更新しました ]

頭の良くなる合宿13の参加されたみきさんから、その後に頂いたメッセージです。
頭の良くなる合宿13-中央みきてぃ


たかしくん
この間はおつかれさまでした!
ありがとうございました(^o^)

その後自分が変わったような
変わってないような
不思議な感じです。

でも明らかに自分の中では変わってて、
何がって聞かれると困っちゃうんだけど笑

これからは、誰かにそれを感じてもらえたら
嬉しいなって感じです。
でもやっぱ数学はにがて笑

「一つのことに対する視点や行動をどう起こすかも全てが変化した」

2016/07/29 7:39 に onishi hayao が投稿   [ 2016/07/30 3:52 に更新しました ]


石垣島に住んでいます。高3の島尻優楓(写真左)です。高校2年生の春休みに、石垣島でツアーをしました。私が、このツアーをするきっかけになったのは去年の12月にイベントを主催し、たかしくんと出会ったからです。その日のうちに、「ツアーをする」ということを決断しました。石垣島で沖縄の離島であるため、大学生や他県の高校生と話したり交流する機会がほとんどありません。そのため、私は様々な学べるプログロムを探し、多くの人と話したいと思っていました。そうすることで自分とは違う価値観に触れ、視野を広げたいと思ったからです。しかし、飛行機に乗り、他県に行くことはお金がかかりすぎるため、イベントやプログラムのためだけに何度も行くことは経済的にできず、諦めていました。

企画したツアーは、私自身が行くのではなく石垣島に全国から来てもらうことによって「学び」「交流」し、多くの人と出会うことが島にいながらも実現できるのではないかと思い、この企画に挑戦したい!!と強く感じました。実際に、企画をスタートしましたが、たかしくん(東京)、りさちゃん(福岡に住む高3)、またつばささん(福岡)、ほりさん(東京)の大学生のメンバーも一緒にSkypeでミーティングしながら、準備していきました。住んでいる場所も違い、全員がツアー前に集まり会って話すことは一度もありませんでした。4か月間、毎日のようにツアーのことを考え、調べ、SNSで応募を呼びかける日々でこれまで経験したどんなことよりも苦しく私にとって成長できる経験になりました。ツアーの日程の中で、たかしくんの「頭の良くなるワーク」で海で話したり、将棋や数学、みんなが一人ずつ自分の考えを話す場があり多角的な視野から物事を見ることが大切であると学びました。私自身が一番したかったことは2つ叶いました。1つは、ゆいたくPLACE(ゆいまーる×ゆんたく)というツアーの参加者が石垣島の地域の人にプレゼンテーションするというイベントを開催できたことです。中学生から大人の方まで来てくださりました。もう一つは平和祈念館で石垣島で起こった戦争マラリアについて一緒に学ぶことができたことです。私は高校生平和ガイドの活動をしているので、体験者の方から聞いた話や沖縄戦、石垣島のことを伝えました。とても有意義な時間で、ツアーと同時にイベントを2つもゼロの状態から企画しできたことは本当に嬉しく、学べることが多かったです。その他にもみんなでBBQしたり、海で遊んだり、恋バナや政治の話、観光、竹富島へ行き水牛車へ乗ったりなど濃ゆくて楽しい時間を過ごせました。ホタルが見れたり、すごく綺麗な星空を見ることもできて自分の住む島の魅力を改めて知り、みんなと語り過ごせ、高2の春休みは最高でした。全国から集まった参加者はぶっととんでいるすごい高校生や大学生、大人ばかりで、個性的でした。全国高校生未来会議やカタリバの高校生カイギで出会ったメンバーともこのツアーでまた会うことができとっても楽しく、沢山話しました。
島尻優楓2

企画の準備の中でたくさんの人にプレゼンして思いを伝えたり、何よりたかしくんの毎回のミーティングで自分の考えを言うことによって深く考えるようになり、4か月の前の私とは考え方も何か一つのことに対する視点や行動をどう起こすかも全てが変化しました。何かを生み出すということは一人の力ではできず、いろんな人の思いや協力によって成り立つということ、常に考えて生きることでこれまでの世界と全く違う世界が見えること、まわりに感謝し短期的に最大限のことを成し遂げることの重要性を、私はツアーをする中で実感しました。きっかけをくれダメな何もできない私と一緒に企画したたかしくんや、運営メンバーとして頑張ったりさちゃん、つばささん、ほりさん。北海道から沖縄まで、全国から石垣島に来てたくさんたくさん語り合ったみんなとの出会いは、最高です。

私がこれらの経験がとても生かされ、自分が変わったと思う場がありました。それは、Ryukyufrogsという株式会社レキサスが募集しているプログラムに応募し二次選考合宿での出来事です。二次選考の中でグループワークがあるのですが、これまでの私は自分の意見を言うことが苦手で自分に全く自信がありませんでした。そんな私が、初めてグループの中で私はこう思う、だからこの方法があるのではないかなど説明し提案することができました。そのプログラムで、なんと60名中9名に選んでもらえ、夏休みにシリコンバレーへ行くことが決まりました。そして毎週飛行機に乗って沖縄本島への研修を半年間受けれることになりました。全て無料のプログラムで離島に住む私にとってすごく魅力のあるもので本当に夢のようです。今、サービスを考えているのですが、ツアーを通して学んだことがとても役に立っています。

今年は、受験生でもあるのでツアーでの学びを応用しつつ、勉強を楽しみながらしたいと思います。

4ヶ月間、最後まで取り組めて貴重な経験になり、世界が変わりました。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

*島尻優楓さんがアド部で自分の手で企画、主催したのは石垣島アド部ツアー2016春です。

青春の1ページをありがとう。

2016/06/21 7:18 に 尚輪華 が投稿   [ 2016/07/29 21:42 に onishi hayao さんが更新しました ]


尚輪華V字
尚 輪華 (なお もとか)
宮古島の高校3年生。
私は石垣島アド部ツアー2016春に参加しました。
参加理由は、たまたま石垣島に行きたいな~と思っていたのと、私と同い年の高校生がツアーを企画するなんてすごい!と思ったからです。私はあまり深く物事を考えないまま、ツアーに参加しました。ツアーには全国から年齢層様々な人々が参加していました。1日目はなかなかみんなとも馴染めず、早く宮古島に帰りたいと思っていました。家族とも離れて初めて1人で飛行機に乗ったし、周りには出逢ったばかりの人しかいないし、みんな色々すごい活動とかしてるし、自分の意見をすぐ言うからほんとにこの場に私がいていいのかなーって思いました。でも、2日目、3日目と色々なワークをするうちにみんなのことがわかってきて、とても楽しくなっていきました。自分の意見を求められた時に、ちゃんと言えるようになったし、たくさん考えるようになりました。このツアーに参加したからこそ、わかったこと、学んだことがたくさんありました。わかったことは、私の周りには私を支えてくれる人がたくさんいるということ、なんでも挑戦させてくれる家族がいるということ、1日1日がかけがえのない大切な時間だということ。学んだことは、勝手に相手をこんな人だとか決めつけてはいけないということ、話してみないとどんな人なのかどう考えているのかわからないということ、日常生活の中であまり何も考えずに生きていたということ、考えることが楽しいということなど…
ほんとに様々な経験をすることができました。このツアーのおかげで、私自身成長することができ、周りの人の大切さにも気づくことができました。こんなに充実した時間をすごせるのはこのツアーだったからだと思います!!
今回、私は宮古島アド部ツアー2016夏を企画するという機会を頂いて、本当に感謝しています。このツアーでは、全国からの参加者に自分が成長した!と実感してもらえるようにしたいです。そのほかにも、宮古島について私たち市民も学ぶ必要があると思うし、全国からの参加者のみなさんにも知ってほしいと思っています。この宮古島では、海が綺麗なこと、島の人が温かいことなど、離島ならではの良さを感じることができます!

頭も良くなるし、生きる知恵も学ぶことができる!という、こんなに充実した時間をすごせるのはこの宮古島アド部ツアーだけです!!ぜひ、宮古島に来てください!!!宮古島で待ってます!

1-9 of 9