人の頭と心の研究室

アド部ではイベントの成果、経験、アンケート、参加者の意見など、スタッフの個人的経験など、様々な有形無形のデータ、経験知が日々生まれています。そうした体験の中から頭の中にふと浮かぶコツ、仮説、真実もまた沢山あります。これを個人的な経験とカンとして成長に活かすことも大事ですが、せっかくのそうしたひらめきをひらめきのままにするのはものすごくもったいない。

日々のひらめきを出来るだけ科学的に表現して、様々な論証を加えて、人類全ての共有財産と出来るよう、科学論文に出来るだけ近い形式で、かつカジュアルに書き込んでいく場、それがアド部研究室です。

組織が個人をゆがめる力~JR東日本の例

2017/04/03 3:40 に onishi hayao が投稿   [ 2017/04/03 4:06 に更新しました ]

JR東日本の行っているsuicaサービスを特定の条件で利用するとポイントがたまるsuicaポイントクラブというものがある。そのポイントは基本的に毎年3/31に有効期限を迎える。そのポイントを利用するため、3月中から何度かログインを繰り返したがどういうわけかログインできなかった。原因を究明しようにもそんなことにいちいち時間を使っていられないため、その後今月になって有効期限が切れてしまった。
忘れていたりあえてポイントを使わないまま有効期限を迎えたのであればしょうがないが、こちらとしてきちんとログインしようとしていたわけで、当然納得がいかない。

そこでSuicaポイントクラブサポートセンター 048-645-7615 に電話してみた。(以下はすべて録音済みである。)

事情を話したところ事情をほぼ無視する形で「期限切れだからあきらめろ」との回答。それはおかしいのでは?と押し問答になり、電話が一度切れてしまう。
再度電話したところ、今度は上席の人に代わってくれた。担当はタジマさん。おそらく仮名。
しかし、「当社のシステムに異常やメンテナンスでログインできなくなった形跡はないし、不具合があれば必ず記録される。ログインできなかったのはこちらのせいだからポイントは復活させない」との回答。

「形跡がないだけでは不具合がない証明にはならない。そもそも不具合のないシステムはないし、不具合が起きたら必ず記録できるような高度なシステムは現実に存在しない。こちらは実際にログインできなかった。今では同じ設定でログインできている。不具合のない証明をせずに都合の良い推測をしているだけで、ポイントを復活させないのは義務を履行していない」と食い下がったところ、この疑義には一切答えないまま。「回答は変わらない」をひたすら繰り返す。

その後回答は変わらないを繰り返しながら、実際に回答は二転三転する。

1.出来ないのならできる部署につないでくれと言っても、ここが最終窓口だと言い張っていたが、やがてご意見窓口にきいてみろと言い出す。ご意見窓口が何らかの対応をする可能性があるのかどうかを聞いても、「わからない」の1点張り。何らかの対応をする可能性があるかどうかぐらい確かめてから行ってくれと言っても、それには回答せず。

2「他のお客様も待っているので話を終了する」などの多少のバリエーションも織り交ぜながら、ひたすら「何も対応しない」を繰り返す。

3.やがてこちらの回答後、特に何をするわけでもなくひたすら沈黙。数分おきに突然「お客様ー」とまるでこちらか一方的に沈黙していたかのように呼びかけ、「これが最終回答」と機械のように繰り返す。その後再び沈黙し、同様の発言を繰り返す。そして18:00になると「営業時間を過ぎたから」と一方的に電話をガチャ切りした。

4.結局、メンテも不具合もないというこちら側には確認のしようもない、しかも事実であっても対応しない理由とはなりえない単なる推測をもって、こちらのポイント口座を確認することすらなく不適切な対応を機械のように反復主張するだけであった。

企業の窓口担当が重要な論点に応えぬままこうした人間として、法人として不合理な対応をすることはままみられる。そして同時に個人として相対したときにはまずみられない言動である。タジマさんも、個人として話したならば、きっとこんなことは言わないであろう。

となりで一部始終を聞いていた大学生も、「あなたの方が正しい」と言ってくれたが、タジマさんにはそれもまた全く届かなかった。

組織の中で生きるということが、人間のあらゆる悪徳の根源である、一つの例なのだろう。それをまた感じた雨の日の夕方であった。


たかしくんの訪問した国々2017/2/12

2017/02/11 22:35 に onishi hayao が投稿   [ 2017/02/11 22:38 に更新しました ]


たかしくんが今までいった国々です。
今までたくさん行ったと思っていたのですが、意外とないですね。

数学嫌いを科学する

2016/06/23 17:24 に onishi hayao が投稿   [ 2016/11/25 18:08 に更新しました ]

数学が嫌い、そういう人にはたくさん会いますし、アド部の合宿やツアーに参加する人はほとんどそうです。

しかしながら参加された方に良く実施する数学ワークを通して、ごく短時間に数学の魅力を体感されています。そんな皆さんを見て、本当の意味での「数学嫌い」は存在するのだろうか?という疑問を持つようになりました。

大抵は学校教育や定期試験対策のため、「決められた正解にたどり着かなければならないのに、自分にはそれができない」という意識から嫌いになってしまっているだけで、実は数学自体が嫌いな訳ではないのです。

聞く側にも聞く権利はある

2016/06/22 11:13 に 堀内香穂里 が投稿   [ 2016/06/22 11:23 に更新しました ]

「都合のいい関係は楽」「束縛しないし、会いたいときに会える」そんな関係を求めてしまう人が存在する。
その話を聞く人の気持ちはどうだろうか。
理解しがたい人にとっては、違和感、ストレスでしかないだろう。
理解しえない話を永遠に聞き続けられるのは、様々な話を寛大に聞ける自分を良しとしているだけであるはずだ。

話し手は、自分のやっている行為とその行為を人に伝えることへの身勝手さをどれだけ認識しているのだろうか。
聞く側は惑わされないように。
聞く側にも聞く権利はあるはずだから。

論理と感情は対立しているのか?

2016/06/19 15:40 に onishi hayao が投稿   [ 2016/06/19 15:42 に更新しました ]

論理と感情は、お互いに異なるもの、人間の性質としてまるで黒と白とのように対立するもの、そう思われているようですが。
頭のいい人は冷たい人、頭は良くなくても温かい人。そんな表現を良く聞きますが、果たして実際の人はそういうものなのでしょうか?
子供の頃から頭がよいとされていたたかしくんは、こういう感じ方、考え方に強く疑問を持っていました。
「たかしくんは頭がいいから、人の気持ちがわからないんだね」というメッセージを周囲から感じていましたし、実際そう言われることもありました。

1-5 of 5