ビジネスと公共

2019/07/14 16:16 に onishi hayao が投稿   [ 2019/07/14 16:27 に更新しました ]
15年ほど前に当時入居したばかりのマンションに意気揚々として管理組合初代副理事長に就任した俺が直面したのは、いい年下40-50代の男性会社員や経営者たちが企業経営論をマンション管理組合運営という公共に幼稚に当てはめようとする姿だった。

企業経営というのは要するに競争相手を出し抜き、顧客から売り上げをかすめ取り、社員から搾取をしてコストを削減して利益を伸ばすためのものである。対してマンション組合運営というのはマンション所有者たる組合員全員の利益を守るためのものだ。組合員は競争相手でもなければ詐取や搾取の対象でもない。あくまで同じマンションを所有する仲間、である。

このように企業経営と組合運営はまったく目的が違う。しかし若いころから企業社会しか見てこなかった人たちにはそれが理解できないのだ。例えば管理費収入が足りないとなると、組合運営の理論で言えば負担となる管理コストを下げるために管理会社と交渉したり、不必要な管理項目を削るなどの対策を考える。しかし企業経営の論理でしか考えられない彼らは、組合の収入は多ければ多いほど良いと考え、組合員の負担を無視して安易に管理費を増やそうとして、さらには組合員をいかに納得させるか、いや反対を封じ込めるための手練手管をこれ見よがしに吹聴する。

組合員は彼らに同じ住民である仲間ではなくて、管理組合の存続のための道具でしかない。組合員の反対を抑えて組合を存続させるか、組合会計の留保金を増やすか、そっちにばかり頭が行くのだ。

彼らの頭から多くの管理組合の人たちの顔は消え、目の前の少数の理事会のメンバーばかりの機嫌を取るようになる。

競争原理のために許される汚いやり方を公共の場で出してはならないという子供でも分かりそうな常識が企業経営幹部である彼らにはないのだ。
企業人というものがどんなにゆがんだ存在なのかを、ということを遅まきながら28歳のころに知ることになった。

あなたがどこでどんな仕事をするのか、何を学ぶのか、どんな営みをしていくのか。
そう考える時にこの競争原理と公共に対するわきまえを持つことが、上で紹介した人たちをうまく反面教師とすることが、あなたの人生を豊かにするだろう。
Comments