離島留学、ツアー

離島や山奥、温泉などの非日常的な空間でアド部の要素の中でも「他者との出会いをきっかけとした深い自己内省」を重視したツアー、留学です。
海や山での遊び、数学ワークや団体将棋などの「頭の良くなるワーク」を通して、初めての出会いを大切にしながら一気に仲良くなり、しかも頭も良くなります。
自分が何をしたいのか、将来したいことと今したいことが繋がらない、自分の能力に自信がない、信頼できる友達や大人がいない、他人の本音を聞きたい、そんなあなたをお待ちしています。

アド部離島留学2019夏~南の島で凝り固まった人生をほぐしてみよう~

2019/06/09 9:34 に onishi hayao が投稿   [ 2019/07/18 18:17 に更新しました ]


**おかげさまでご好評をいただき2019/7/18を持ちまして満席となりましたが、あと一人までなら何とかなりそうですのでお早目の申し込みをお願いします**

**申込むor問い合わせる!という方はこちらです**

**那覇や宮古島行きの飛行機の空席が減ってきて価格が上がってきています。お早目の手配と申込をお勧めします!**

夏の思い出ができなくなって何年たちますか?

バカみたいにはしゃぐことがなくなってどれくらいたちましたでしょうか?

あるいははしゃいでるふり、楽しそうなふりばかりがうまくなって、本当に自分が楽しんでるかどうかわからなくなっていないでしょうか?

毎年毎年自分の成長を感じなくてなってどれくらいたつでしょう?

人は生き物で、日々変化するはずが、変わらないことを良いことにして日々の変化を楽しめなくなってから、どれくらいたちますか?
あるいはもうすぐ自分は若者として人生に大きな変化が来るはずが、未だに来た気がしない、いつまでも子供のままで終わってしまうのかもしれない、そんな漠然とした不安を感じていませんか?

そう、きっとあなたは自分を見失って長い時間がたって、ただ目の前のことをこなすことを優先して、そういうことにだけ、自分の時間を費やしてきました。

ちょっと、優先順位を変えてみませんか?大事なことだと抱え込んでいた仕事を、やることを少し足元において、いつもと違うことを大事にしてみませんか?

抜けるような青い空とプールのように透明な海の水、そして白い砂浜。絵に書いたような自然と非日常のなかで、いつもと大分違う他人との関わりの中で、いつもとちょっと違う自分を見つめてみましょう。

本当に大事な、そしてかつては大事にできていたはずのことを思い出せるかもしれません。

はしゃいで遊びながら、ふざけながら、毎日毎日海に潜って宿に帰ったら疲れて寝てしまうような日々の中で、あなたを縛り付けていることに気がつき、そして自由になってみませんか?
離島という非日常空間で他参加者と自分、お互いをを見つめ直しませんか?

**早速アド部離島留学2019夏~南の島で凝り固まった人生をほぐしてみよう~に申し込むor問い合わせる方はこちら**

具体的なプログラムとしては以下のようなものがあります。

1. スノケーリング。とにかく海で泳ぎまくり、潜りまくります。これまでの参加者は普段海に入ることはまれな方ばかりですが、集合と同時に海に飛び込みます。泳げない方、海が怖い方もストレスなく海に入れるようにお医者さんであるたかしくんが配慮、指導しまくりますのでご安心ください。水族館のよりもたくさんきれいな魚やサンゴ礁のある海の中で、自分が魚になったような非日常的な体験になるでしょう。そうした体験を通して凝り固まった感性を解きほぐして磨きなおすための重要な離島留学のための時間です。てか楽しいです。たくさんのスポットを短時間で回りますので、効率的に動いて楽しめるように、水着やスノーケルやゴーグル、マリンブーツやフィン、吸水タオル、濡れたまま車に乗ってシートをぬらさないためのレジャーシートは必ず持参してください。

2. たかしくん個人面談
たかしくんとの一対一の個人面談です。離島留学中や前後に10分ほど、必要に応じて行います。たかしくんは今までアド部や高校や学校、そして医療現場でで数千人、数万人と話し、彼らの問題や悩みの解決のお手伝いをしてきました。たかしくんは、心の問題に心理的アプローチだけでなく数学や哲学的モデルの応用実践を繰り返し、たくさんの問題や悩みの共通原因を見つけ出すことに多くの実績を持っています。心の問題を大きく摘出する「心の外科医」といってもいいかもしれません。ここをなおせば全てがスムーズに進むようになる!という痒い部分を指摘してくれます。たかしくん個人面談で一気にあなたの悩み、問題を解決に進めましょう!

3. マイエコ
マイエコは「マイクロエコノミー」、すなわち小さな経済圏の略です。現代日本社会では、価値あるものに対して価値の対価としてお金を払うという概念や、自分個人でサービスやものを売り価値の対価としてお金をもらう、という概念や経済圏が見えにくくなっています。このマイエコでは、このような現代社会で、会社などにたよらず自分でお金を稼ぐ力をつけること、世間や他人ではなく自分が価値あると思うものに正直にお金を払えるようになることを目標としてしています。マイエコでは、実際の社会のように日本円で営業権を行政府から購入するなどして、自分で売買をします。例えば、マッサージ10分します、などのサービスを売ることができ、また他の参加者はお金を払ってマッサージをしてもらうことができます。マイエコ経験者では現在自分の好きなことでお金を稼ぐことができている人が多数います。あなたもマイエコでバイトや会社に不必要に支配されずに自分でお金を操れるようになりましょう!

4. 学問対話、学問生活
泳ぎまくって疲れ切った宿舎での夜、一時間ほど数学の問題を解いたり、お互いに説き方を伝えあったりして、他人や自分の考え方を知ります。そして過去の人たちが積み重ねてきた議論や業績へのふれ方、活かし方を学びます。多くの人にとって学問とは学校や受験で点数を付けられるもの、でしかないようです。しかしすべての学問には学会があり、各自の仮説を議論を通してぶつけ合い、新たな真理を見つけ出したり、かつて正しいとされてきたことか間違っていると訂正、反省し、日々の生活に活かす、それが学問なのです。大学などの高度な研究機関だけの話ではなく、子供にとっても中高生にとっても社会人にとってもそれは変わりません。こうした体験は大学受験の成績を大きく伸ばすこともあったり、日々の生きにくさを解決する機会になったり、伸び悩む企業業績の大幅の改善のきっかけになったりします。

そもそもアド部とは?

実はたかしくんは東京大学教養学部理科三類、通称東大理三を現役で合格しています。しかもほぼノー勉です。ええ、それって天才でしょ?と思うと思いますが、確かにそうです、たかしくんは天才です。そんな天才はほぼ例外なく学問と親しみ、日常に活かすことは大好きですが、単なるテストで点を取るためだけの勉強や我慢は大嫌いです。それでもセンター試験で全国一位では?という点数を取ったりするのです。やればできるといいますが、たかしくんはやらなくてもできたんですね。でもたかしくんは多くのいろんな人たちと交流する中で、自分に特に才能があるとは思えなかったそうです。むしろ記憶力や理解力は他の人たちよりも低い。でもなぜかテストになると自分の方がはるかにいい結果が出る。その一見矛盾に見えることをずっと考え、研究してきた結果、数年前に一つの仮説にたどり着きます。「人は生まれてすぐ言葉をすぐ覚えるように元々天才なのに、周りの目を気にしたり、余計な努力をするように教育されたり、あるいは努力自体に麻薬のような快感を覚えてしまって、学問や人にとって大切なことを考える時間がどんどんなくなって、やがて深く考えることができなくなってしまうからだ。努力や我慢をやめて、元々持っていた心と頭の欲求を思い出していけば人はやがて天才に戻ることができる」という仮説です。アド部はこの理論を実践、検証するためにたかしくんが始めたものです。天才に戻ったといえるまでの例はまだないですが、お金への苦手意識を克服して好きなことでお金を稼げるようになった人、異性への苦手意識を克服して恋人ができた人、テストに自分の考えを書いてはいけないという呪縛から逃れてテストが大好きになって慶応大学に入った人、他人を信用することが苦手でずっと心に鎧をまとっていた高校生が海外留学先の心を開かないホストマザーに辛抱強く働きかけて関係を築き、帰国時にはホストマザーがない手別れを惜しむほどに他人と関わる力を身に着けた人、などがたくさんの人が人生を変えてきました。アド部はあなたを変える理論と実践であり、変えられたあなたを元の姿に戻す術でもあります。



【集合】
2019/8/8 11:00  宮古島諸島内某所

【解散】
2019/8/13 18:00 宮古島諸島内某所 決定次第参加者にはお伝えします。

【参加費】2019/7/12 支払済み分まで。以降は値上がりする可能性があります。
経営者、専門職  240000円
一般社会人    120000円
大学生      100000円
高校生      80000円
中学生以下    60000円

※宿泊とこちらで設定した活動とその移動、初日の夕飯から最終日の朝食までの食事が含まれます。宮古島までの渡航費や集合への迎え、解散場所からの送りなどは含まれませんのでご注意ください。事前に各自移動手段を調べておいてください。バスなどの公共交通機関はあまり発達しておらず、流しのタクシーも市街地以外にまずいませんので、場所によってはタクシーの配車が必要です。ヒッチハイクや徒歩などで集合解散される参加者も過去にいましたが、自己責任となります。
※遅刻、早退は原則としてお勧めしていませんが、事前の合意があれば対応可能です。日程短縮による割引は原則ありませんが、事前の合意で一部減額することもあります。
※運営に余裕があれば有償にて送迎を行うことがあります。事前にご相談ください。

【申し込み手続き】
こちらからお申し込みください。

お申し込みや参加料の支払いの早い方から特別な割引をご案内できることがありますので、まずは早めの申込や問合せをお勧めします。
手続きや条件に疑問や不安がある場合は、まずはお気軽にたかしくんや運営スタッフ、アド部にご相談ください。

【参加をお勧めする人、是非参加してほしい人】
自分は何をするにも努力と我慢が必要だと思っているけど、なんだかそれでは疲れるなと感じている人。自信がないけど自信を持ちたい人。学校や職場に不満はないはずなのに、楽しいはずなのに何か満たされない人。今の自分を変えたい人。自分はもっと楽しめるはずだと思っている人。他人の意見を聞きたい人。楽しくはしゃぎたい人。自分の意見を持ってみたい人。他人に尊重されたい人。せっかくの一度しかない人生を完全燃焼させたい人。流されまいと思っているのに気が付いたら流されている人。毎日忙しくて息抜きしたい人。忙しくて離島留学に参加したいけど暇がないという人。夏の思い出が欲しい人。毎日自信をもって楽しく生きて、周囲にも信頼されているけど、もっともっと自分を伸ばしたいと思っている人。自分のことを他人に知られたくないけど、実は知ってほしい人。

【参加をお勧めしない人、参加はあまりしていただきたくない人】
今のままの自分でいたい人。今の生活を少しも変えたくない人。自信がないことに自信がある人。自分は何をするにも努力と我慢が必要で、他人もそうで、何事も楽してできることはないと固く信じている人。他者やたかしくんへの興味が皆無な人。

【必須の持ち物】
水着、ゴーグル、スノーケル、吸水性が高くてすぐに絞って何度でも水分をふき取ることができる吸水性スポンジタオル、そして車に濡れたまま乗るための防水のレジャーシートは必須です!特にゴーグルとスノーケルは質の悪いものですと水が入ってきてせっかくの魚やサンゴ礁がよく見えなかったり、おぼれかけたりして大変です。質の良いものをご用意ください。また普通のバスタオルなどですとすぐに濡れてふけなくなりますので必ず吸水性のスポンジタオル(セーム革、などとも呼ばれます)をご用意ください。またマリンブーツとフィンもお勧めします。現地でレンタルできる可能性もありますが質が良くないものがあったり、あまり選択肢がないこと、借りに行く時間が確保できないことなどから、事前に準備の上持参してください!

【トラブル時などの条件~楽しい離島留学のために!】
安心してバカなことをするためには、色々と準備や気遣いが必要です。また今後も続けていくためにはそれなりの収支が必要です。
そのためにいくつかの条件があり、本離島留学に参加することで以下の条件に合意したものとみなさせていただきます。

1.離島留学中は運営の指示に従ってください。従っていただけない場合、留学の円滑な運営に大きな支障があると運営が判断した場合は参加の拒否や途中退出をしていただくこともあります。その場合の参加料の返金や発生した損害への補償も致しません。楽しくてためになる離島留学のためにご協力をお願いいたします。
2.天候不良や交通手段の欠航や体調不良を含めてキャンセルは不可です。一度お支払いいただいた参加料は全額が返金されません。ただし運営側の一方的な重大な過失や悪意があった場合や事前の特別な条件の運営との合意があった場合、その他特別な事情があると運営が認めた場合に限り、全額もしくは一部の返金することがあります。その場合も支払額が上限となります。
3.事故や想定外の事態に対しては医師であるたかしくんやスタッフができる範囲で誠意を持って対応いたしますが、重大な事態を含めて結果に対しては運営は責任を負いません。各自旅行傷害保険加入や事前のけがや病気、海の事故や船酔いなどへの対策をお勧めします。
4.事前の免責条件などに反する運営への不当な追及行為は運営への業務妨害、迷惑行為であり、該当する参加者やその関係者はとして運営に損害の賠償を行うことに合意し、重ねて刑事責任追及がなされうることにも同意したものとします。

申込と問い合わせはこちらです!

facebookページはこちら

南の島で子どもにかえる離島留学!2019春〜いっぱい遊んで楽しくコミュ力アップ〜

2019/01/27 6:16 に 大江郁弥 が投稿   [ 2019/03/01 7:23 に更新しました ]

この人と何話せばいいんだろう、、なんか気まずい、、たわいもない会話ならできるけど立ち入った話はなかなか、、などなど、、、
コミュニケーションに困った経験はありませんか?

「世代が違うから、、」「俺は陰キャだから、、」「恋愛とか興味ないし、、」「普段は困らないし、、」とか言ってるあなた!

もしかしたら食わず嫌いなだけかもしれませんよ?

コミュニケーションは練習すれば誰でも上手になるんです!

とは言っても急に日常を変えるのは無理、、


そんなあなたに朗報です!


南の島の、きれいな海とたくさんの自然にかこまれた非日常空間で「コミュニケーション離島留学」しちゃいませんか?

もっといろーんな人と奥深くまで話してみたいあなたも、陰キャを卒業したいあなたも、童貞卒業したいあなたも、彼氏・彼女がほしいあなたも
大募集!!

朝から白い砂浜と青い海ではしゃぎまわり、
昼は砂浜でBBQ!!海で泳ぎつかれた夜は、満天の星空を見上げながらみんなでゴロン♪

いつものせわしない日常から離れて、何もかも忘れて「バカやって」みませんか??
 



〈主催者の紹介〉 みなさんこんにちは!この留学を主催します、大江郁弥と申します。 私は現在19歳。私の特徴はといえば、色白で和顔で、平安時代だったらモテモテだったのにな~という顔とファッションセンスで、これまた平安時代だったらよかったのになあ~というくらいゆっくり話します(笑)そしてこれは平安時代ではなく「現代日本の」学校制度や教育システムに興味があり、京都大学の教育学部に通っています。 この留学に参加しようか迷っている方へ、ほんの少しだけでいいので、私の話を聞いていただけたらなと思います。 私がたかしくんと出会ったのは2年前。私が高校3年生のときです。しゃべるのが超絶激遅な私はそのころ、頭の中で考えてはいるのだけれども、自分の考えをなかなか言葉で表現することができませんでした。みんなの輪の中にいても、どこかのタイミングで入りたいとは思っているのだけれども、なかなか入るタイミングがつかめない。自分の考えが言葉になる前に話題は別なことになってしまう。せっかく自分の番になったのに言葉が出てこない、、みたいな感じでした。 けど、アド部では違っていました。そこでは、どんな意見でも、誰でも尊重されて、どんなに長くても待ってくれて、話についていけなかったら立ち止まって、丁寧に説明してくれる空間がありました。そして何よりアド部はとーーーーーっっっっても楽しかったです!!!!!! そんな甘ったれたことをするんじゃスピードの早い世間の会話にはついていけないままだ、と思う方がいらっしゃるかもしれません。ですが、実際の結果はそれとは正反対でした。今では、わかりにくくてとっても長~い大学の講義も、研究室での難しくて準備する時間もない質疑応答も、ちゃんと理解したり回答したりできるし、今ではとーーーっても楽しみなことの一つです!!!! それはなぜなのでしょうか?私はアド部での経験(対話やアクティビティーなど)を通して「自分ってほんとはこんなに深くまで考えられるんだなあ」と思いました。それが自信になったのでしょうか。初めのうちは、やはり自分の考えを言葉にするのに時間が必要でしたが、「ゆっくり待ってくれる」アド部で練習?を積んだら、どんどん自分の考えを言葉にして、他の人と深い話?もできるようになっていきました!! でもそれは他の人も同じことで、こんな私にも考えがあるんだから、他の人たちも深くてすばらしいいろいろな意見をお持ちなのです。それらの意見をためらわずに交流できる場があることはとっても貴重で有意義で、何よりとーーっても楽しいことではありませんか?? そんな楽しみを共有したいし、この楽しみながらどんどん自分が変わっていく体験をみなさんにもしていただきたい!と思って、この留学を企画しました。 会話の始め方がわからないあなた、会話の入り方がわからないあなた、たわいもない会話ならできるけど深い深~い「対話」のやり方がわからないあなた、対話をしたいのに日頃できる場所がないあなた、、、などなど コミュニケーションにお困りのみなさんへ。 私たちと一緒に南の島へ行って、プチバカンスしながらコミュニケーションのスキルアップをしてみませんか?? 私が体感し、感動したような、自分と他人の頭の中身がぶわーーっと出てきて混ざりあってぐちゃぐちゃになって、膨らんでどんどん大きくなる感覚を、ぜひみなさんにも味わっていただきたいです。 それでは南の島にてお待ちしております。 みなさんにお会いできること、とっても楽しみです。 ぜひ!南の島で!お会いしましょう!!!!


お申し込みはこちら


〈日程〉※変更になる場合があります。 3月29日 みんなでエメラルドグリーンの海に行きます!普段は冷静なあなたも、おとなしいあなたも、時を忘れてはしゃぎまわって気づけばもう夜!!人見知りなあなたも、初対面の参加者と、たったの数時間で仲良くなっています。 3月30日~4月1日 事前のアンケートをもとに、それぞれのやりたいことを本気で叶えていきます!海水浴はもちろん、釣り、BBQ、花火、鬼ごっこ、対話講座、、「バカ」なことも子どもみたいなことも何でもし放題!!なぜだろう、、毎日とーーっても忙しいのにとーーーってもたっっっのしいい!!! 4月2日 気づけばもう最終日。ここで出会えた仲間はかけがえのない友だちであり、同志であり、○○です。みんな離れるのが寂しくて涙がぽろぽろ。帰りたくなくて延泊する人も。たった5日前は見知らぬ人どうしだったのにどうしたのでしょうか。いつの間にか一生もののお付き合いになっています。

あなたも、そんな非日常の中で、「心の底から本音で語り合える一生の友だち」つくりませんか??





お申し込みはこちら


日程 2019/3/29~2019/4/2の間の4泊5日
集合 3/29 11:00頃 宮古島や石垣島など沖縄県先島諸島内の離島の指定され場所詳細は二月下旬までに決定の予定です
解散 4/2 18:00頃 宮古島や石垣島など沖縄県先島諸島内の離島の指定され場所詳細は二月下旬までに決定の予定です
*詳細未定。参加者には後日ご連絡致します*

定員 15人
対象 興味のある方、特に自分を変えたい方誰でも♡
最少催行人数 4人

参加費
高校生以下 55,000円
大学生 75,000円
一般 95,000円
経営者など 195,000円
※交通費等別途
※参加費の振込をもってお申込完了とさせていただきます。

キャンセルポリシー
※原則キャンセルできません。
※どうしようもない場合には参加費の一部を返金することもあります。
※主催者側の都合でキャンセルになった場合には全額お返しいたします。

※留学中の怪我や器物損壊などには真摯に対応いたします。ただし、スタッフの重大な過失があった場合に限ります。そのため、心配な方は各自の自己責任で各種保険等に加入されることをおすすめします。
※参加費には3/29の夕食〜4/2の昼食までの食費および宿泊費などが含まれます。また、アド部スタッフはボランティアではありませんので、その活動費や人件費なども含まれています。その分、値段を上回るだけの楽しい合宿、価値を提供します。

交通手段について
⚠どこの島で開催するかも未定のため、飛行機などの手配はまだ行わないでください⚠
開催場所が決まり次第ご連絡差し上げ、交通手段についてはご相談に乗ります。前後泊場所の確保や、空港及び前後泊場所から集合・解散場所への移動手段の確保も、ご自身で手配していただくことになります。こちらもご相談に乗りますのでご安心ください。

※例えば、交通手段をご紹介するだけでなく、送迎できるかどうかなども検討いたします。ただし、有償で対応させていただく場合や、スタッフや車に限りがあり対応できない場合もありますので、ご了承ください。


忙しくてそれどころじゃないからこそ行く~宮古島離島留学2018春

2018/02/03 9:15 に onishi hayao が投稿   [ 2018/03/11 0:55 に更新しました ]



*皆様のお申込みありがとうございました!*
*最終募集中です。期限は2018/3/10です*
*空席は2つのみとなりますので、お早めに*

エメラルドグリーンの海にポツンと浮かぶ、宮古島で、いつも忙しくてできないこと、やらきゃと思っていること、してみませんか?

海が苦手なあなたがいつの間にか寸刻を惜しんで海に潜ったり、考えるのが苦手な君がはじめてやった将棋が大好きになったり。
お金をもらうのが苦手な人が、人からお金をもらって事業ができるようになったりしました。
学校になじめない男の子が、女の子にモテモテになりました。

なんとなく生きてて、割と忙しいけど家で動かない時間も結構あって、何かやることあるはずなのにやる気が起きない。自分、このままでいいのかな。もうちょっと心の中面白くしてみたいな。あ、そうだ勉強しなきゃ、めんどくさいなぁ。

5日間ください。己を活かしきりましょう、たった5日間。何を得るかはあなた次第です。

自分には何が必要なのか、自分は何をしたいのか、もやもやしている人に。
勉強よりも大事なものがあると感じてほしい。
騙されたと思ってどうぞご参加ください。


3/28 10:00 宮古島島内の指定場所に集合。自己紹介や、離島留学に参加しようと思った気持ちや目的を語り合います。11:00 天候にもよりますが、いきなり海に繰り出します。集合前に服の下に水着を着て、スノーケルなど、準備をしておいてください。思いっきり遊びますよ!
12:00 各自が持参した昼ご飯を食べます。
13:00 また海、もしくは地域文化を学ぶ教室など。
16:00 初日に感じたこと、思ったことを語り合います。
17:00 晩御飯の準備や買い出し。
18:00 みんなで晩御飯づくり。初日ですから時間がかかるでしょう。
19:00 みんなでご飯を食べます。
20:00 お互いのことがもっとわかるような語り合いの時間です。たかしくんがためになるお話をしてくれるかも。明日以降の留学の時間を有効に過ごすために、自分に必要な目標、計画を再度立て直します。 
22:00 取りあえず就寝ですが、夜の海に遊びに出かけたり、星を見に行ったり、ひたすら語り続けたり、思い思いに過ごします。

3/29-3/31
宮古島にたくさんあるビーチにスノーケリングに行ったり、ダイビングに挑戦したり、岸壁から飛び込んだり、自分のこれまでの人生をグラフにして発表しあったり、全く知らない将棋をいきなり教えてもらってみんなで指したり、真夜中の真っ暗な駐車場でみんなで横になって星を見たり、数学が嫌いな原因をたかしくんに診断してもらったり、夜中にしゃべり続けたり、即興で演劇をしたり、バーベキューをしたり、花火をしたり。島の人から物々交換でいいものをもらったり。生まれて初めて他人からお金をもらって何かをしたり。自分がどうして思うように生きられないのかを知ったり、そして初めてあった人と、家族のような関係を築いていきます。

4/1 あっという間に最終日が来てしまうことにみんな驚いています。別れを惜しむ間もなく、留学の総仕上げ、まとめに最後のスパートです。どんな体験をして何を感じ、何を思うのか。同じ時間を過ごしながら、それぞれが違う立場から違うことを感じて違うことを思い、伝えあう。

18:00 そして、解散。飛行機がある人は帰り、残れる人たちで、打ち上げです。

集合から解散までの移動、宿泊、3/28の晩ごはんから4/1の朝ごはんまではたかしくんが責任をもって提供します。

アド部の伝統的に部屋割りなどであまり男女別などにしません。しかし心配な方には配慮しますので、事前教えてください。

*本人が行きたいというが行かせるのに不安がある保護者の方へ*

主催者であるたかしくんはこれまでに多くの親子関係に接してきましたが、特に現代の保護者にかかるプレッシャーは尋常ならざるものであると感じております。たかしくん自身がすでに難しい思春期、十代の子を持つ世代と同世代であり、同級生たちの子の中学、高校、大学受験との葛藤、努力、そしてそうした不安と日常的に接しながら、現代の親子関係自体を重要な研究、実践、治療対象としております。

実際にお子さんに参加していただいたり、親子で参加していただいた方、参加を検討しながら参加を断念された方のお話を伺う限り、本離島留学に参加を考える上での親御さんの不安とは、古典的な意味での家族関係、親子関係を超え、社会から受ける有形無形の圧力によるものという結論に達しております。つまり何か具体的な事態を想定して不安を感じておられるというよりも、何とも説明のつかない、得体のしれない不安を抱えているのではないでしょうか?

そうした不安に対するお答えとして、まずお子さんが本離島留学に参加すること自体がそうした親御さんの不安を解消してきたという結果を得ております。お子さんの視野が広がり、自信を得て、言ってみれば大人になることで、親御さんの不安を理解し、思いやれるようになるのです。これまでの参加者にも不登校や発達障害などの問題を抱えたお子さんがいらっしゃり、親御さんは正直なところ負い目を感じることが多かったようですが、本離島留学後にむしろのびのびと成長したお子さんを誇りにされるような言動が増えました。そうして心の澱が晴れた親御さん自身の仕事やライフワークも加速していました。

アド部の活動において、ケガや、離島留学内での人間関係、金銭関係などのトラブルは幸いなことに一度も発生しておりません。小学生から70代まで幅広い年代を対象に、海に潜ったり赤の他人からお金を稼ぐことを含めた広範な、一部の方にはリスクが大きいとも見えかねないアド部の教育研究文化活動においては、ある種奇跡のようにも思えます。

しかしこれにはアド部学の、たかしくんの深い理論的な原則に根差していると、たかしくんは信じています。それは「小さなリスクを負うことで、大きなリスクを避ける」という原則です。これは戦争で戦死者を減らしたり、災害で被害を減らすためにも使われている重要な安全原則です。

本離島留学におけるお子さんに降りかかるリスクでいえば、たかしくんやスタッフはあくまで他人としての「ゆるい」距離を保ち、最低限の知識と技術のみを伝え、あくまで遠くから見守る姿勢に徹します。過度な依存からくる油断、不注意を避けるため、あくまで自分の身は自分で守る意識を高めます。そうした適度な緊張感と、アド部の真骨頂ともいえる「急激に形成される深い人間関係」の安心感と楽しさの中、今までやったことのない挑戦ができるようになり、自分の可能性を信じられるようになり、自分を守るだけの余裕が生まれるのです。

そうした急激な成長で、過去の参加したある中学生の女の子は、海でおぼれかけたたかしくんを逆に助けてくれるまでに頼もしくなりました。

一個人が主催する、独特なリスク感覚で運営される、おそらく世界でも類例のない本離島留学に、様々な不安を抱く保護者の方はいらっしゃるでしょう。しかしながら、公共機関の行う学校教育は、果たして信頼に足るとは言えないことをこの20年程の歴史が証明しています。安全を過度に重視した教育機関の姿勢が逆に子供たちを「成長できない」という途方もないリスクにさらしています。そして何より、これまでにない、しかし現代が最も欲していることを、本離島留学は提供しています。全く新しい、そして重要な価値、だからこそ不安を抱くのでしょう。

そう、リスクを負って、考え、行動し、自信を得て、人間的に大きくなる。この人間としての当たり前の機会を奪われ続けてきた現代の子供、大人たちに、全く新しい、そして実は大昔から人間がそうやってきたやり方で、アド部は成長と「楽しくて幸せな時間」を提供します。

安心してくださいとは言いません。僕たちはあくまで傍観者です。防ぎようのないトラブルは、防ぎようもありません。後で考えたら防ぐことができたということでも、事前にそれを準備することが現実的でないことをわざわざ準備はしません。それは離島留学だからではなく、生きていれば必ず遭遇するリスクだからです。だから僕らはただ参加者が楽しく成長できる場を作るだけですから、一部の塾のような結果保証はしません。

一つだけ確かなことは、お子さんを送り出した親御さんで、それを後悔された方は今まで一人もいないのです。これからがそうでない保証はありませんが、たかしくんはこれからもそうであると信じています。

そして、多くの参加者や高校生スタッフが、就職活動や受験に成功しているという事実があります。目の前のテストや受験、部活でそれどころじゃない、そういう人にこそ、少なくとも誰も後悔したことのない体験が待っているのです。

お子さんの参加を検討する上で、これだけは忘れないでいてください。

また、たかしくん自身がちょっとした心のケアから心肺が停止してしまうような重大な外傷まで幅広い経験を持つ外科医、救急医であることは、そのほかの教育的体験ツアーに比して圧倒的に安全面を安心要素であることもご留意ください。

*行きたいけど保護者が行かせてくれない方へ*

まず、本当に自分が行きたいのかよく考えてみましょう。親が行くなっていうから行かなくてもいいと感じるのなら、そんなに行きたいわけではないのかもしれません。それでもやっぱり行きたいと思うのなら、その気持ちは本物なのでしょう。そういう本当の気持ちは、親や周囲がいくら反対したとしても、簡単にあきらめていいことではありません。親がどうして行かせたくないのか、親の気持ちになってみたりして、説得するためにどういう方法があるかを粘り強く考えましょう。

どんなに頑張っても、結果的にやっぱり行かせてもらえないかもしれません。でもいいんですよ、そうやって、頑張って作戦を考えたり、親と向き合うことで、あなたはそれまでとは違う自分になれるんです。たとえ少しぐらい親とぎくしゃくしても、それにはるかに見合う価値があります。

ただし、本当に本気で頑張ったら、ですよ。この春、生まれて初めて、本気で親と、他人と向き合ってみませんか?


必要たかしくん納税(2018/2/18 時点 *直前になると値上がりすることがあります)
高校生以下 55000円
大学生 75000円
一般 95000円。

最終申し込み締め切り 2018/3/10

定員 9名
最小開催人数 3名

合同裏修学旅行2017夏

2017/07/12 6:24 に onishi hayao が投稿   [ 2017/07/23 11:51 に更新しました ]


*皆様ご応募ありがとうございました。*
*締切過ぎましたが、まだ対応できるかもしれません。ご希望の方はフォームより申し込みください。参加料が多少増えることがあります。

*九段の生徒さんの参加申込ありましたー!*

はーい、たかしくんです。
僕の地元にある千代田区立九段中等教育学校の生徒さん、特に受験生向けに企画した裏修学旅行です。
結構予算も潤沢で、千代田区民としての期待も強くて独自企画も多く、生徒さんも面白い人が多いのに、なぜか受験のプレッシャーで雰囲気が固くなってしまって結果として進学成績も芳しくない、なんて話を聞いたので、どーにかしようと企画しました。

ホントに芳しくないのかは知りませんけどねー。

別に受験生でもなくても、頭を柔らかくしたい方、仕事とか受験とかなにかで忙しくて参加する暇あるか!ってほど参加してください。マジ料金の1000倍ぐらいの価値を回収できますので。

いつも緩いのがアド部ですが、感動の中卒業式~ 頭のよくなるアド部宮古島離島留学2017春withたかしくんの大成功に味を占めて、さらにゆるゆるに企画してます。

今のところ生徒さんの参加は一人、たかしくんの対話塾「はなせい」の生徒である看護師さんと、同校の先生が参加します。
アド部としてのたかしくん主催ですので、もちろん同校や千代田区役所とは全然関係ありません。
問い合わせてもいいですが、けげんな顔をされるでしょうからあまりお勧めしません。

というわけでだれが参加してもアウェイなことはありませんのでご安心ください。

もちろんたかしくんが責任をもって最高の修学旅行にしてしまいますので、人生がごきごき変わることでしょう。

1. 行き先
    多分 宮古島 現地集合です。ご自身で飛行機の手配を。参加者には後で詳しくお伝えします。

2. 日時 場所
   8/4 11:00 宮古島島内宿舎に集合
  8/7 18:00 宮古島島内で解散
    あんまりお勧めしませんが、部分参加もおけです。これはアド部的に珍しいです。

空港まで、からの送迎は原則ご自身で行っていただきます。
こちらで有料で対応可能な場合もあるので、事前にご相談ください。
    
3.費用 現地までの交通費は含みません。
    一般 9万円
    大学生 7万円
    高校生 5万円

4.事故った時の責任とか 
    基本参加者の自己責任で、保険とかに入ることをお勧めします。まあ僕お医者さんですし、看護師も同行しますので、それなりの対応は出来るかと思います。でも自分の身を自分で守る力をつける、それもこの裏修学旅行の醍醐味です。

5.割引
    紹介者一人につき一万円の割引です。上限はありません。

6.定員
    5名程度。

7. 締め切り
    一応7/23まで。しかし飛行機がなくなりそうなので、お早めに。

8. 事前プログラム

    スタッフは8/2の夕方-8/8 の昼に宮古島に滞在しております。本日程の前後で遊んだり枠外のプログラムをやりますので、希望の方は申込フォームに希望をどうぞ。無料、もしくは実費のみです。前後泊や送迎の費用はご負担ください。

9. 前後泊、送迎手配

    空港-宿舎、前後泊の宿泊場所-宿舎、等の移動は原則事故手配ですが、こちらでの送迎を有料で行います。

    送迎料金
    一区間2000円です。運営上の導線に近い際は割引することがあります。

    前後泊の手配料金
    8/2,8/3,8/7の宿泊を、一泊4500円、連泊の場合のみ合計から500円引き。宿泊料が含まれます。
    こちらもご希望の方は申込フォームに希望をどうぞ。

*送迎、前後泊ともにこちらで手配できないことがありますので、その際はご自身で手配ください。


スマホはこちらから

頭のよくなる宮古島離島留学2017春withたかしくん 2017/3/26~30

2016/11/13 12:10 に onishi hayao が投稿   [ 2017/02/15 22:03 に更新しました ]


はーい、アド部創始者のたかしくんです。
これまでは地元の大学生や高校生に主催してもらってそれをアド部がサポートしていましたが、今回は珍しく自分で離島留学をやることになりました。


よくアド部のイベントに出てくる「頭の良くなる」というフレーズ、学校や受験の成績が良くなる力が付く、そんな風に聞こえる方も多いと思います。もちろん、そういう意味も大きいですが、それだけじゃありません。そもそも、学校の試験や受験で試される力は学問の力です。それは本来、ただ試験でいい点数を取るだけの力ではありません。 それは自然の仕組みを解き明かし、まだ見たことのない海の底や宇宙、誰も作ったことのない乗り物や極小の原子の世界、未来、そして異国や異文化、自分と全く違う立場の他人の心や気持ちを想像し、理解するためのツールなのです。 そう、自分や社会を楽しく幸せにする力です。だからこそ人類の長い歴史を通して今まで学問は残ってきたし、学校で教えられるのです。 ただ、世の中の試験対策や受験対策はそのほとんどが本当の学問の力ではなく、ただ点数を取ることを目標にしてしまっています。そして困ったことに、とても長い時間と大変な我慢が必要な割に、点数を取ることを目標にすると、なぜか肝心の点を取る力も実はつかないのです。 そしてそうしたやり方の一番の問題は、そのやり方にあまりに時間がかかり、また心の余裕をなくしてしまうので、人生で一番大事な遊びや思い出作りや大切な他人との関係づくり、そして肝心な本当の学問の力をつけるべき時間がなくなってしまうことです。 本当の学問の力とは、ただ何かを覚えたり、やり方に慣れるだけでは決して得られません。日々の人生を丁寧に生きること、日々の意味に興味を持ち考えること、古い知識に興味を持ち、そして疑い、考え、試し、新しい知識と自信を得ること。そしてまたその自信と知識をもとに次の試みをすることではじめて得られます。 たかしくんは幸いなことに物心ついた時から、そうやって生きてきました。記憶の限りでは3歳ぐらいから、そして8才ぐらいにはもう大人から子供扱いされて様々な制限を課させることはもはや自分にとって障害でしかないと思うようになっていました。 そしてそうした制限を付けられしまうのは、多くの子供たちが十分な力をつけてこなかった、つける機会がなかった、もうちょっと詳しく言うと、つける機会を奪われ続けてきたからだとここ数年のたかしくんの研究で明らかになってきました。 多くの人が日々の生活と経験から何かを考え思いつき、試し、それをまた日々の生活に生かすという人間としての当たり前のことをできないのです。いや、許されてこなかったのです。自分のやり方ではなく、どこかの偉い人がいうやり方を押し付けられ、それを考えるまでもなく正しいと思い込むことが「教育」だと信じ込まされてきたのです。 たかしくんは日本で難しいところに受かりましたが、ほとんどなんの努力も必要ありませんでした。なぜならほとんどの人が本当の学問を知らずに無用な努力や我慢を繰り返す中、ただ心の思うままにいろんなことに触れて考えることができたからです。たかしくんの家庭や環境が、他の人よりも恵まれていた訳ではありません。どちらかというとそういうことを許してくれる親ではありませんでしたが、それでもなぜかたかしくんは自分とって大事なことを忘れさせられたり、捨てさせられることに激しく抵抗してきました。
この離島留学でいう「頭の良くなる」とは、人間としての本当の経験と、本当の考える経験、そして本当の自分の興味を素直に試してみる経験、この3つの本当の体験を通して、無用な我慢や押し付けを捨て、自分自身の人生の心と思考を取り戻し、他人の気持ちを理解したり自分や自分の周りの人たちや社会を楽しく面白くする力をつける、ということなのです。

そしてその結果として学業成績も大きく向上します。これまでの参加者や主催者の多くは学業や就職などでの成功を収めています。 そういうと、きっとこう思う人がいるでしょう。「子供のころからそうだったたかしくんならいい、でもそうじゃない人生を歩んできてしまった自分はもうどうしようもない」と。確かに、自分で考える人生を歩んでこなかったこれまでの日々は取り返せません。 でも、大丈夫です。今まで生きてきた人生も大切でかけがえのない、本当の貴重なあなただけの経験です。その経験をどう生かすかは、これからのあなた次第なのです。今とこれからのあなたが目を覚まして自分の頭を使い始めるために必要なきっかけのつくり方を、たかしくんは6年ほどずっと研究し、かなりのうまいやり方を見つけてきました。たいていの方は、何とかなります。
自分に自信のないかた、何かしたいのにいまいち踏み出せない方。

人と話したいのに話すのが苦手な方。

力をつけたいのに付け方がわからない、あるいはわかっていてもなにもしないまま日々を過ごしてしまう方。

それなりに経験を積んで周囲の評価や期待も感じているが、実は今のままでいることに違和感がある、実は周囲の自分に対する期待やイメージが重荷で、今更それと違う自分を出すことが出来ない方。

これまでの実績が邪魔して新しいことを謙虚に学んだり始めることができない方。

最近素直に楽しむことができない方。

こんなスタディツアーやイベント、留学自体に興味はあるものの「自分なんかが参加してよいものか?」とためらってしまう方。

受験、学校の定期試験、資格試験、仕事を企画したり進める上での頭の良さを手に入れたい。

そんな方こそ、ご参加を是非お待ちしています。

始めて会った人たちと、経った数日、いや数時間で、まるで家族のように仲良くなるなんて、きっとそう驚くことでしょう。

そして今まで感じたことのないような安心感と自信で、今までよりずっとずっと深い視点で、宮古島の自然や海や人びとを見て、体験することになります。

そんな驚きと成長、そして何より楽しさのたくさんつまった宮古島留学に来てみませんか?

まだ春なのに夏のような陽射しの三月の宮古島で、青い海で、一足早い夏休みを過ごしましょう。

三線や民謡など文化体験
空のクソ青い、めちゃくちゃきれいな海で泳ぎまくる
スノーケリングで素潜り
体験ダイビング
枕投げ
みんなで食事作り
演劇ゲーム
本音をぶっちゃける演説大会
眠った才能を引き出す頭の良くなるワーク
ルールがわからなくても楽しくなる!団体将棋
BBQ
花火
みんなで寝転がって星空観察

*すべてを実行する訳ではありません、これまでの実績です*

などなど死ぬほど楽しいことを盛りだくさんやって、なのになぜか頭が良くなっちゃう留学です。

2016年夏の宮古島アド部で離島留学は、まさにキラキラとした宝石のような、奇跡の留学でした。
もう一度あの時間を作りたくて、またやります。

たかしくん
中川崇、徳島生まれの形成外科医。父の転勤で埼玉県川越市、千葉県四街道市、愛媛県新居浜市などを転々。小5で北海道の離島まで夜行列車とフェリーを乗り継ぎ自費で一人旅。小6で当時の第一種情報処理技術者試験、現在の応用情報技術者試験に史上最年少で合格。中学高校を愛媛県松山市の男子校の寮で過ごし、「日本一勉強しない高校生」等と呼ばれながらもほぼノー勉で東大理三に現役合格。大学卒業後は形成外科医となり救命や再建外科や美容外科を学び、2007年5月に国境なき医師団から中東に派遣され、イラク戦争犠牲者の治療に当たる。2011年の東日本大震災支援や都立高受験生向けの学習支援、高校生と語るボランティア授業などを経て、現場での支援や人とのふれあいを通して人間の大きな成長をもたらす「アド部」を考案、ミャンマーやカンボジア、東北でのスタディツアー、や石垣島、宮古島での離島留学、関西や都内での「頭良くなる合宿」等を行なう。趣味はルービックキューブ、旅行。

実施最低人数 4名
定員 9名

日時、場所

集合 2017/3/26 11:00
解散 2017/3/30 18:00
場所 宮古島島内

詳細は参加者にお知らせします。宮古島空港には3/25以前到着、3/31以後に出発をお勧めしますが、同日内での出発到着も可能です。
3/26の9:15ごろまでの便で到着、3/30の19:45ごろ以降に出発であればなんとかなります。

早退、遅刻はなるべく避けることをお勧めしますが、ご相談には応じます。
料金

1.基本料金
一般 75000円
大学生 55000円
高校生以下 35000円
現地集合現地解散、現地までの交通費は含みません。
初日の夕食から最終日の昼食までの食費を含みます。

2.各種割引
割引は重複可能ですが、参加料金の最低額は20000円です。
ただし、c.の紹介割引のうち紹介した方の割引分とf.の協力割引は、他の割引を適用したあとの料金が20000円以上の場合はその割引後の料金から、20000円未満の場合は20000円から、更に割引適用し、参加料金5000円を最低額として割引します。

a.早期申込割引
期限までに申込、申込後にこちらから連絡する期限までに支払が完了した方が対象です。支払後はキャンセル不可です。
イ.2月中 1000円

b.地域割引
下記地域に在住在学在勤の方が対象です。
イ.宮古島島内 20000円
ロ.九州四国中国近畿以外の離島、海外 10000円
ハ.東北、北海道 5000円

c.紹介割引
お友達などを紹介し、紹介された方が参加された場合に紹介した方、された方が双方割引になります。紹介された方の人数に応じて、
イ.1人紹介した方 3000円
ロ.2人紹介した方 8000円
ハ.3人紹介した方 15000円
ニ.4人以上紹介した方 5000円x紹介した人数
ヘ.紹介された方 人数に関わらず 1000円

d.広告割引
facebookやtwitterなどのSNSやブログ、掲示板などでの書き込みやシェア、告知して頂けると割引になります。一つのメディアにつき500円、最大2000円割引致します。

e.協力割引
宮古島島内在住で自宅などを宿舎やワーク場所として提供して頂ける方、ワークや現地での活動等を提案や紹介頂いてこちらに採用され実施頂ける方に対して割引致します。 3000円から、内容に応じて増額致します。

f.運営割引
運営に参加頂ける方への割引です。イ.ロ.合わせて先着二名までです。
イ.事前準備と当日の運営に参加頂ける方 20000円
ロ.当日運営にのみ参加頂ける方 5000円


宮古島アド部で離島留学2016夏

2016/06/22 9:30 に onishi hayao が投稿   [ 2016/07/31 23:16 に更新しました ]

~宿題より、夏期講習より、バイトより、仕事より。
就活より、受験より、昇進試験よりも。
大事な時間が、そこにあります~

今しか過ごせないこの瞬間を美しい海と自然の中で過ごしてみませんか?

「自信をつけてみたい」「自分や人生を変えたい
そんなあなたにぜひおすすめ、宮古島に住む高校生が丹念に手作したスタディツアー、「離島留学」です。

申込みはこちら!現在若干名追加募集中、締切りは8/8 23:59です!
全国のみなさん!宮古島を知っていますか?沖縄本島から南西に約290km先にあり、人口約50000人の小さな島です。
宮古島の一番の魅力といえば、なんといっても、東洋一美しいと言われている海です!真っ白な砂浜に打ち上げる穏やかな波は、時間を忘れさせるような美しい光景です。
忙しい毎日を送っているそこのあなた!時間に追われている毎日を抜け出して、この宮古島でゆっくりと流れる時間を存分に味わってみませんか?

このツアーでは、楽しむ+食べる+学ぶ=成長を目的としています。

「楽しむ」では宮古島を観光したり、伝統文化を体験したりすることができます。有名な観光スポットは、やはり海!!
エメラルドグリーンの海に温かい太陽の光が差し込む光景は言葉にできないほどの素晴らしさです。しかし!その太陽の光に負けないのが地元の人の温かさ。小さな島ならではの深くて強い繋がりが島民の誇りです。宮古島に来たらあなたはもう・・・私たちの家族です!!

「食べる」では、宮古島の特産品など宮古島ならではの食べ物を食べることができます。
特産品といえば、甘いマンゴー、ドラゴンフルーツ、ギネスに認定されている雪塩にサトウキビ!他にも宮古そばや宮古牛、うずまきパン、もずくや海ぶどう、車海老などといったミネラル豊富な海産物など全国に誇れる食材がたくさんあります。
一度食べれば、あなたも宮古島のとりこになるかもね?

浜辺で女子高生


「学ぶ」では頭の良くなるワークや数学のワークをやります!
東大の医学部卒で、国境なき医師団で働いたり、200回以上高校で授業した経験を持ち、様々な場所で活動している中川崇さん、通称たかしくんに教えてもらいます。たかしくんの指導の下、参加者全員で脳をフル活動させ全力で考えます。自分の考えを伝えたり、参加者それぞれの考えを聞いたり、考えることについて考えたり・・・ワークを通して、考えることの楽しさに気づいてもらえたらいいな~と思ってます!実際にこのワークを通して、「賢くなった!」「勉強が楽しい!」いつもより勉強していないのに、前よりも成績が上がった!」などの声が上がっています。

また前回の石垣島アド部ツアー終了後にツアーの満足度を聞くと、100点満点中200点という、期待以上の満足度とご好評の声を頂きました!頭が良くなりたいと思っているそこのあなた!ぜひ、一緒に頑張りましょう!もちろん受験生も!!参加しないと損ですよ~


以上のことから、この離島留学ではあなたの可能性を最大限に広げます。この離島留学に参加すれば、きっと自分の人生を変える何かに出逢えます。
最高の仲間と最高な時間を過ごすことによって、学力、コミュニケーション能力、そして何よりも人として大きく成長することができます。
この4日間で自分に自信をつけて、自分の可能性を広げ、お腹も心もいっぱいにしませんか?

申込みはこちら!現在若干名追加募集中、締切りは8/8 23:59です!
日程 2016/8/22~25の間の3泊4日(2016/7/26時点)
集合 8/22 11:00頃 宮古島島内
解散 8/25 18:00頃 宮古島島内
*詳細未定。参加者には後日ご連絡致します*

募集人数 15~20人
対象 全国の中学生以上
参加料
運営方針として手弁当ではなく、スタッフの事前調査や運営などの諸費用なども含まれるため、実費ではありません。

中・高校生  48000円
大学生 58000円
一般 70000円
(交通費を含まず、現地集合現地解散、宿泊費、食費などを含む)

*紹介割引を始めました!
お友だちやご家族を誘って参加していただければ、誘った方、誘われた方、いずれも1000円~3000円割引になります。*

交通手段について
交通費などを含めた包括形式の料金も検討中ですが、まずはご自身で飛行機の空き状況や価格をご確認することを強くお勧めします。宮古島は人気が高く、各地からの飛行機は満席になったり、空席があっても高くなることが多いです。特に直前になるとその傾向が強いです。交通手段を確保できないことを理由としたキャンセルは、通常のキャンセル料金を頂く予定ですので、ご注意下さい。また、特に帰りは、アド部の性質上盛り上がって終了時間が長引く傾向にあります。最終日の日程が決まり次第、翌日の便で帰ることをお勧めします。

主催 宮古島アド部 代表
尚 輪華(なお もとか)
沖縄県立宮古高等学校3年

お問い合わせ先
adventure0tour@gmail.com

facebook

お支払いはラクマでも可能です!お支払い前にお申し込み下さい!

上記売り切れの場合、こちらからチケットを検索の上お支払い下さい。

*ラクマでお支払いの場合、発送通知が来たら、特に何も発送されませんが、すぐに受取評価をお願いします。
受取評価が終わるまで、ツアー申込は完了しませんのでご注意下さい。*

申込みはこちら!現在若干名追加募集中、締切りは8/8 23:59です!
宮古高校校門【宮古島アド部代表、離島留学主催
尚 輪華 (なお もとか)(写真左)
宮古島の高校3年生。普通の高校生です。
私がなぜこのツアーを開催することになったのか、少しだけお話させてください。
去る3月、私は石垣島アド部ツアーに参加しました。参加理由は、たまたま石垣島に行きたいな~と思っていたのと、私と同い年の高校生がツアーを企画するなんてすごい!と思ったからです。私はあまり深く物事を考えないまま、ツアーに参加しました。ツアーには全国から年齢層様々な人々が参加していました。1日目はなかなかみんなとも馴染めず、早く宮古島に帰りたいと思っていました。家族とも離れて初めて1人で飛行機に乗ったし、周りには出逢ったばかりの人しかいないし、みんな色々すごい活動とかしてるし、自分の意見をすぐ言うからほんとにこの場に私がいていいのかなーって思いました。でも、2日目、3日目と色々なワークをするうちにみんなのことがわかってきて、とても楽しくなっていきました。自分の意見を求められた時に、ちゃんと言えるようになったし、たくさん考えるようになりました。このツアーに参加したからこそ、わかったこと、学んだことがたくさんありました。わかったことは、私の周りには私を支えてくれる人がたくさんいるということ、なんでも挑戦させてくれる家族がいるということ、1日1日がかけがえのない大切な時間だということ。学んだことは、勝手に相手をこんな人だとか決めつけてはいけないということ、話してみないとどんな人なのかどう考えているのかわからないということ、日常生活の中であまり何も考えずに生きていたということ、考えることが楽しいということなど…
ほんとに様々な経験をすることができました。このツアーのおかげで、私自身成長することができ、周りの人の大切さにも気づくことができました。こんなに充実した時間をすごせるのはこのツアーだったからだと思います!!
今回、私はツアーを企画するという機会を頂いて、本当に感謝しています。今回の離島留学では、全国からの参加者に自分が成長した!と実感してもらえるようにしたいです。そのほかにも、宮古島について私たち市民も学ぶ必要があると思うし、全国からの参加者のみなさんにも知ってほしいと思っています。この宮古島では、海が綺麗なこと、島の人が温かいことなど、離島ならではの良さを感じることができます!
頭も良くなるし、生きる知恵も学ぶことができる!という、こんなに充実した時間をすごせるのはこの離島留学だけです!!ぜひ、宮古島に来てください!!!宮古島で待ってます!

【アド本部代表】
中川崇(たかしくん)
1975年徳島生まれ。2000年東京大学医学部医学科卒業。2007年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、医学博士。
東京大学付属病院形成外科、東京警察病院麻酔科、自治医科大学付属病院形成外科、都立墨東病院救命救急センター、東名厚木病院形成外科、東大先端科学技術センター、春日部中央総合病院、銚子市立病院などに勤務。
2007年に国境なき医師団の手術ミッションに参加、以後ヨルダン、パレスチナ、ミャンマー、カンボジア、ラオスで医療支援。2011年3月には東北被災地などで医療支援。
2009年-2011年国境なき医師団日本理事。
2011年-2013年海外NGOスタッフと一般市民の交流プログラムを4回企画、関与。2012年一般向け東南アジアツアー、2013年中高生向けのミャンマーでのツアー企画、同行。2014年、2015年カンボジアツアー企画同行、ほか「頭のよくなる合宿」企画など。

申込みはこちら!現在若干名追加募集中、締切りは8/8 23:59です!


石垣島アド部ツアー2016春

2016/06/21 7:24 に onishi hayao が投稿   [ 2016/09/22 3:55 に更新しました ]

石垣島アド部ツアー2016春
*3/25にて最終募集を締め切りました。皆様のご応募ありがとうございます。*
*無事ツアー終了しました!熱い熱いツアーでした!*
石垣島へ!!!
非日常の「青春」をしませんか??

~ゆかとたかしくんの愉快でタメになる合宿ツアー~

全国の中学生、高校生、大学生の皆さん!!春休み、石垣島へ来てみませんか??このツアーは普通のものではありません!!!
全国の中学生や高校生や大学生と、石垣島の中学生、高校生が一緒に泊まり、観光し、学び最高の時間を共有します!
まず、大きく3つのテーマがあります。

1,楽しむ
2,学ぶ
3,自分発見

「楽しむ」では、石垣島で観光したり、ふれあうことができます。

例えば世界有数の透明度の海、美しいビーチを誇る川平湾、スノーケリングで手軽にさかなや珊瑚礁が見れる米原海岸、日本で唯一南十字星のある星ツアーや、ホタルも見れるかも知れません。

「学ぶ」では、ツアーの中で「頭の良くなる合宿」をします。
今回、なんと!!!
東大の医学部卒で、国境なき医師団で働いたり、NPO法人のカタリバで200回以上高校で授業した経験を持ち、様々な場所で活動している中川崇さん、通称たかしくんの指導の下、たかしくんの考えた、自分の考え方、そもそも考えることってなんだろう、考えることの楽しさと楽しくなさを体験しながら短期間で勉強しなくても成績がよくなる頭にすることを目指します。

受験生の皆さん、これは参加しないと100%損します!!!
これまでの合宿参加者には、進級にすら苦労していた高校生などが、「生まれて初めて自分自身で問題の解法を思いついた」「わからない、知らない問題も、自分で考えていいんだと思えた」「興味を持ちさえすれば、いくらでも難しいことを考えることが出来ることがわかった」等の反応がありました。

「自分発見」では、石垣島に集まった全国からの参加者と語ります!!!(朝までカタリnightをします!)
全国から集まった仲間との出会いは、きっとかけがえのないものになるでしょう。

参加者の出身地自慢や、特技披露など、お互いを理解し合える様々なコンテンツを用意しています。

非日常の時間、そして青春を石垣島で味わってみませんか??どんなツアーにもない魅力をたくさん楽しめます!!

非日常の「青春」しませんか??

以下詳細です。

集合場所 石垣島内離島ターミナル 3/28 11:00
日程 2016/3/28 11:00〜 3/31 18:00
解散場所 石垣島内市街地~新石垣空港間のいずれかの場所
募集人数 16人
対象 中学生、高校生、大学生
主催 アド本部、島尻優楓(旅行会社ではありませんので、企画旅行などではありません。本企画に賛同頂いた方々での内々の合宿となります。保険などは各自で加入をお勧めします。)

参加料
運営方針として手弁当ではなく、スタッフの事前調査や運営などの諸経費なども含まれるため、実費ではありません。

交通費含まず、現地集合現地解散、宿泊費、食費などを含む。
中学生 35000円
高校生 38000円
大学生 48000円
一般 58000円
(申込タイミングによっては追加料金が発生します。お早めに申込み下さい。)

交通手段について
交通費などを含めた包括形式の料金も検討中ですが、まずはご自身で飛行機の空き状況や価格をご確認することを強くお勧めします。石垣島は人気が高く、各地からの飛行機は満席になったり、空席があっても高くなることが多いです。特に直前になるとその傾向が強いです。交通手段を確保できないことを理由としたキャンセルは、通常のキャンセル料金を頂く予定ですので、ご注意下さい。また、特に帰りは、アド部の性質上盛り上がってツアーの終了時間が長引く傾向にあります。最終日当日3/31石垣島を出発するよりも、翌日4/1に出発する便にすることをお勧めします。

申込

参加ボタンを押して、申込みフォームにご記入の上、後日ご案内する予約金(費用の一部もしくは全部)の支払いで申込み完了となる予定です。参加ボタンを押すだけでは特に手続きは進みませんのでご注意を!

申込みはこちら!
https://goo.gl/QLW8DE

中心スタッフ

【アド部代表】
中川崇(たかしくん)
1975年徳島生まれ。2000年東京大学医学部医学科卒業。2007年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、医学博士。
東京大学付属病院形成外科、東京警察病院麻酔科、自治医科大学付属病院形成外科、都立墨東病院救命救急センター、東名厚木病院形成外科、東大先端科学技術センター、春日部中央総合病院、銚子市立病院などに勤務。
2007年に国境なき医師団の手術ミッションに参加、以後ヨルダン、パレスチナ、ミャンマー、カンボジア、ラオスで医療支援。2011年3月には東北被災地などで医療支援。
2009年-2011年国境なき医師団日本理事。
2011年-2013年海外NGOスタッフと一般市民の交流プログラムを4回企画、関与。2012年一般向け東南アジアツアー、2013年中高生向けのミャンマーでのツアー企画、同行。2014年、2015年カンボジアツアー企画同行、ほか「頭のよくなる合宿」企画など。


松本 理沙 (りさ)
福岡市在住、高校二年生。Flineという団体に所属。(https://www.facebook.com/Fline.futoko/)
たかしくんに誘われてスタッフをすることに。
普段はだいたい家で過ごしているが自然豊かな場所が好き。今いちばんしたいことは散髪。

島尻優楓(ゆか)
沖縄県石垣島在住。高2。
高校生平和ガイドと島ぷろという団体を立ち上げて代表をしてます。
その他には、ホテルで高校生と大人が話す場を作るというイベント(ゆいたくPLACE)を主催で行ったりしました。
高1の夏にラオスに行って、現地での人との交流や途上国の現状を知って何かしたいと思ったのが活動を始めるきっかけです。りさちゃんとは、北九州の高校生カイギで会いました。
今年の夏休みは、TBSのNEWS23の番組で戦後70年談話を作るという企画に参加したり、先生方の前でプレゼンしたりしました。10月は岩手県の高校生と平和学習(平和ガイド、ディスカッション)をしました。
簡単に書くとこんな感じの活動をしています…!
今回、私が石垣島でツアーをしたいと思う理由が2つあります。1つは、いろんな地域の高校生と出会い一緒に観光したり、話したりすることできっとすごくすごく楽しい時間になると思ったからです。そして、多くの学びがあると思っているからです。
2つ目は、石垣島を変えたいと思っているからです。私の住んでいる石垣島には大学もなく、また沖縄本島に行くためにも飛行機に乗らなければいけません。そのため、県外の高校生や大学生との交流がほとんどないです。だから、例えば政治のことだったり社会問題に対して話したり、全く違った価値観や考え方を知る機会もありません。私は、いろんな県の人たちと話せる環境を作ってみたいです。そして、今回のツアーの参加者の数人に自分の住んでる地域で活動していることをプレゼンテーションを行い、発表してもらいたいと考えています。私たち参加者だけでなく、石垣島の人たちの前で発表してもらいたいと思っています。
『非日常の青春』ができるツアーです!!是非参加してください
石垣島で待ってます \♡/

1-7 of 7